June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ディブが新王者に 空位のIBFフェザー級

ディブが新王者に 空位のIBFフェザー級

2011年7月30日 12時11分

 29日シドニーで行われた空位のIBF世界フェザー級王座決定戦は、同級3位のビリー・ディブ(豪)が同2位のホルヘ・ラシエルバ(メキシコ)に3-0判定勝ちを飾り、新チャンピオンとなった。前に出ようとする相手に対し、ディブは終始左右のコンビネーションを決めてポイントをリードした。ラシエルバはバッティングで両目上をカット。判定は2ジャッジが119-109、118-108と大差をつけたが、残るタイのジャッジだけは115-112の少差だった。
 ディブ(25)は09年のWBO王座挑戦に続きこれが2度目の世界戦。2009年には山口賢一(元大阪帝拳)と対戦し、1回に2度ダウンを奪われながらこの回ノーコンテストになり物議をかもしたこともあった。32勝19KO1敗1NC。
 なおこの王座は、ユリオルキス・ガンボア(キューバ)が保持していたが、3月ホルヘ・ソリス相手の防衛戦で、試合当日の再度計量に応じなかったため、IBF独自のルールでタイトルをはく奪されていたもの。ガンボアはホルヘ・ソリスを倒し同時に保持していたWBA王座のみを防衛していた。

Related article
関連記事