April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 3階級制覇リナレス、6連勝の村田諒太が一夜明け会見

3階級制覇リナレス、6連勝の村田諒太が一夜明け会見

2014年12月31日 14時18分

「ボクシングフェス2014」で ハビエル・プリエト(メキシコ)の4回KO勝ちし、WBC世界ライト級新王者となったホルヘ・リナレス(帝拳)と、ジェシー・ニックロウ(米)に10回判定勝ちでプロ6戦目を飾った村田諒太(帝拳)が試合から一夜明けた31日、都内のジムで会見に臨んだ。

リナレスと村田が一夜明け会見(ボクシングニュース)
ともに勝利で笑顔のリナレス(左)と村田

 快勝で3階級制覇に成功したリナレスは「気持ちがいい」とあらためて世界王座復帰を喜んだ。プリエト戦はフィニッシュもさることながら、フットワークと左ジャブを駆使した冷静な戦いが印象的だったリナレス。納得の試合内容を受けて、この日も終始ニコニコの表情。「ライト級は体重もまだまだ大丈夫」とタイトルの防衛に意欲を見せた。

 浜田剛史・帝拳代表によると次戦は来春にアメリカになる見込み。休養王者のオマール・フィゲロア(米)の動向にもよるが、対戦相手は未定。

 一方、村田もトレードマークの笑顔でインタビューに答えた。ニックロウ戦は5戦目のアドリアン・ルナ(メキシコ)戦に続くフルラウンド勝負となったが、「考えて戦えた。初めて、練習と試合がつながった感じ」と前向き。ガス欠にも陥ったルナ戦とは違い、終始自ら試合を組み立てられたことに手ごたえを感じている。

 ちなみに、同じリングでオマール・ナルバエス(亜)を倒した井上尚弥(大橋)については「単純にすごかった。いろんな条件がそろってのことで一概には言えませんが、間違いなく彼はすごい選手ですね」と評していた。村田もリナレス同様、来春のアメリカ遠征が基本路線。ただし、試合日は別となると浜田代表は語った。

Related article
関連記事