July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 亀田初防衛 ディアスにTKO勝ち

亀田初防衛 ディアスにTKO勝ち

2011年5月7日 23時48分

 WBAバンタム級チャンピオン亀田興毅(亀田)が挑戦者に14位ダニエル・ディアス(ニカラグア)を迎えての同級タイトルマッチは5月7日、大阪府立体育会館で行われ、亀田が11回終了TKO勝ち。初防衛を果たした。
 身長とリーチでハンディを背負った亀田だが挑戦者のパンチを交わしつつ、左フック、ボディブローを叩き込んで有利に試合を進めた。7回に相手の右アッパーで一瞬効かされた場面もあったが、8回には左フックで相手のバランスを崩しダウンをマーク。勢いづいた亀田はディアスに攻勢を続け、11回終了後にマーク・ネルソン主審が試合をストップした。東北震災復興支援の一環として行われた興行。「被災地の人が、俺の試合を見て少しでも元気を出してくれたらうれしい」とのコメントだった。
 また前座には亀田家の末弟和毅が出場し、ネイサン・ボルシオに大差の判定勝ちした。

Related article
関連記事