April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 山中慎介のV8戦決定、4.16大阪ボディメーカー

山中慎介のV8戦決定、4.16大阪ボディメーカー

2015年2月12日 15時52分

 WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)が12日、東京・九段下のホテルグランドパレスで記者会見を開き、4月16日大阪・ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)の「ワールドプレミアムボクシング21 The REAL」で8度目の防衛戦を行うと発表した。挑戦者は同級7位ディエゴ・サンティリャン(アルゼンチン)。

山中慎介が無敗のサンティリャンとV8戦(ボクシングニュース)
大阪で8度目の防衛戦を行う山中

 防衛テープを7まで伸ばした強打のサウスポー王者が、地元である関西で8度目の防衛戦に臨む。挑戦者は23勝15KO無敗の27歳サンティリャンで、帝拳の浜田剛史代表は「得体のしれない怖さはある」と表現した。山中は「思い切りのいいパンチをふってくる選手。右のアッパーとフックには気をつけなくてはいけないが、打つ前と打ち終わりにスキがある。そこを突けば自ずとKOは生まれると思う」といつものようにノックアウトを意識したコメントを発した。

 昨年10月のスリヤン・ソールンビサイ(タイ)戦では得意の“神の左”で3度のダウンを奪いながら、6連続KO防衛を逃して判定勝利。トレーニング再開後は、よりバランスを意識して練習に取り組み、1発だけでなく連打も出るようにレベルアップを図ったという。

 2011年11月のタイトル獲得から3年以上がたち、統一戦などビッグマッチへの期待も高まる。山中は「今回は統一戦ではなく、名のある挑戦者でもないけど、しっかり強いところを見せて、より強い相手とやらせたいと思わせたい」とV8戦を大きなステップにしようと意欲的だ。試合の模様は日本テレビ系列で全国放送される。

Related article
関連記事