April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 山中世界戦前座で辰吉ジュニアがデビュー戦

山中世界戦前座で辰吉ジュニアがデビュー戦

2015年2月12日 16時23分

中澤奨(左)、辰吉寿以輝
 元WBC世界バンタム級チャンピオン辰吉丈一郎の次男で、昨年プロテストに合格した辰吉寿以輝(18=大阪帝拳)が、4月16日に大阪・ボディメーカーコロシアムで行われる山中慎介(帝拳)の世界タイトルマッチの前座で、デビュー戦に挑むことになった。

 カリスマボクサー辰吉を父に持つ寿以輝は昨年、東京の帝拳ジムで合宿を積むなどトレーニングを重ね、11月にプロテストに合格した。デビュー戦の相手は岩谷忠男(神拳阪神=1勝2敗)に決まっている。

 同じ興行では、元アマ全日本王者で、デビュー以来5勝4KOをマークしている関西のホープ“浪速のショー”中澤奨(22=大阪帝拳)も出場が決定。8回戦を予定している。また、大阪・興國高時代の2011年に国体少年の部ライト級で優勝経験を持つ正木脩也(20=帝拳)のB級デビュー戦も行われる。

Related article
関連記事