May
24
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ロマゴン、無冠戦で3回ストップ勝ち

ロマゴン、無冠戦で3回ストップ勝ち

2015年3月1日 16時43分

 28日(日本時間1日)地元マナグアのリングに立ったWBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がバレンティン・レオン(メキシコ)に3回2分27秒TKO勝利。無敗レコードを42勝36KOに伸ばした。

ロマゴン、無冠戦に3回TKO勝ち(ボクシングニュース)
圧倒的な力でレオンを沈めたロマゴン

 計量でゴンサレスは115ポンド1/2(52.39キロ)、レオンは114ポンド1/2(51.94キロ)を計測。初回、前進するベテランのレオンにゴンサレスはディフェンスに気を配りながらショートパンチを迎撃する。

 2回終了間際、レオンをマットに這わせたゴンサレスは時間を無駄にしなかった。右でダウンを追加すると、左で3度目のダウンをゲット。レオンはニカラグア人の大振りのブローをブロックするが、ゴンサレスは構わずロープへ送り、猛攻。レフェリーがアクションを止めた。レオンは38勝21KO29敗3分。

 現地の報道によると、米国の有料ケーブルHBOがゴンサレスの試合の放映に関心を示しているという。防衛戦の相手にはエドガル・ソーサ(メキシコ)や無敗のタイ人ナワポーン・ソールンビサイらの名が挙がっている。

Related article
関連記事