2015年3月3日火曜日

フライ級2冠王者エストラーダがメリダで防衛戦

 WBO&WBA世界フライ級統一王者フアン・フランシスコ“ガジョ”エストラーダ(メキシコ)が3月28日、防衛戦のリングに立つ。挑戦者はWBO8位フロイラン・サルダー(フィリピン)。試合はかつてフライ級の名チャンピオンたちを輩出したメキシコ・メリダのアリーナ、ポリフォルム・サムナーで挙行される。

 試合の発表会見が2日(日本時間3日)メリダで開催された。主役のエストラーダ、セミ格に出場するS・フェザー級ランカー、ミゲール・ベルチェットらのほか、同地出身のミゲール・カント、フアン・エレラの元フライ級王者も出席。エストラーダを激励した。

 エストラーダは昨年12月、当時ランカーのジョーバート・アルバレス(フィリピン)に判定勝ちしたが、タイトルはかけられなかった。防衛戦は9月のジョバニ・セグラ戦以来となる。サルダーは昨年マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)とIBFフライ級の挑戦権を争ったが2回KO負け。その後①勝1KOとカムバックしている。

 イベントは地元のマリオ・アブラハム・サクル・プロモーター(メリダの名プロモーターの子息)とサフェル・プロモーションが共同で主催する。Photo/Zanfer Promotion