April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・フェザー級1位バルガス、トムリンソンをKO

S・フェザー級1位バルガス、トムリンソンをKO

2015年3月13日 17時06分

 GBPが12日(日本時間13日)テキサス州サンアントニオのフリーマン・コロシアムで開催した興行のメインにWBC、WBO・S・フェザー級1位フランシスコ・バルガス(メキシコ)が登場。ウィル・トムリンソン(豪州)に8回30秒KO勝ちを飾った。

バルガスがトムリンソンをKO(ボクシングニュース)
無敗レコードを伸ばしたバルガス

 両者は序盤からパンチ交換に突入。左フックを痛打するバルガス(30)だが3回、ヘッドバッドで深刻なカットを負う。これはコーナーの処置で切り抜けたが、トムリンソンも目をカット。こちらはラウンドが進むにつれて悪化。同時に豪州人は劣勢に追い込まれる。ストップは時間の問題となった8回、バルガスの左フックでトムリンソンが倒れると、ローレンス・コール主審はためらわず試合を止めた。

 バルガスは22勝16KO1分無敗。WBC王者の三浦隆司(帝拳)も標的だが、4月プエルトリコで挙行されるオルランド・サリドvsロッキー・マルティネスのWBO戦の勝者へ挑戦を希望している。GBPとサイン後2連敗のトムリンソン(WBC22位)は23勝13KO2敗1分。

 セミファイナルではロサンゼルスを拠点にリングに上がるL・ヘビー級ヤチェスラフ・シャブランスキー(ウクライナ)がファビアーノ・ペニャ(ブラジル)に5回終了TKO勝利。期待のシャブランスキー(13勝11KO無敗)は空位のWBC傘下USNBC・L・ヘビー級王座を獲得。またロンドン五輪銅メダリスト、ヤマグチ・ファルカン(ブラジル)がレイムンド・テリー(米)に初回KO勝ちで4勝2KO1分。Photo/GBP

Related article
関連記事