2015年3月17日火曜日

海外試合間近 赤穂亮、亀海喜寛が現地で調整中

■3月28日フィリピンで西アフリカ大陸王者プロスパー・アングラ(ガーナ)とWBOインターナショナル・バンタム級タイトルを争うWBO同級1位の赤穂亮(横浜光)が既に同国セブ島入り。元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(比)とスパーリングするなど調整に余念がない。当日はドネアがウィリアム・プラド(ブラジル)と再起戦を行うほか、WBO世界L・フライ級タイトルマッチ、王者ドニー・ニエテス(比)vs挑戦者ルイス・セハ(メキシコ)が行われる。

■3月20日(日本時間21日)米カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・カジノでアルフォンソ・ゴメス(メキシコ)と対戦するWBC・WBOウェルター級12位の亀海喜寛(帝拳)は12日に米国入りし、ロサンゼルスで調整中。亀海は米国6戦目。ゴメスは2度の世界挑戦経験のあるベテラン。

■IBFが最新ランキングを発表。日本勢はフライ級の林徹磨(セレス)が15位、S・フライ級の五十嵐俊幸(帝拳)が14位にランクイン。林はWBAに続く世界ランク獲得。元世界王者の五十嵐は既にWBAとWBCで6位につけている。