February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > クイリン体重オーバー、WBOミドル級は無冠戦に

クイリン体重オーバー、WBOミドル級は無冠戦に

2015年4月11日 13時58分

 ニューヨークのバークレイズ・センターで明日11日(日本時間12日)行われるPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)の前日計量で、WBO世界ミドル級王者アンディ・リー(アイルランド)は159.6ポンド(72.39キロ)でパスしたが、前王者で挑戦者のピーター・クイリン(米)がリミット160ポンド(72.57キロ)を超過。試合はノンタイトル戦に変更された。

クイリン体重オーバー(ボクシングニュース)
王者リー(左)と体重超過のクイリン

 クイリンは1回目の計量で161.4ポンド(73.21キロ)、1時間半後の再計量でも160.6ポンド(72.85キロ)とリミットをオーバーした。クイリンは昨年、指名試合を拒否してベルトを放棄。決定戦で王者に就いたリーへ挑戦が実現した。GBPを去り、PBCへ参加したが、出だしからいきなり失態。本人は陳謝のコメントを発している。

メインは注目のガルシア(左)vsピーターソン

 メイン格のS・ライト級チャンピオン対決は、同級リミット3ポンド超の143ポンド(64.86キロ)契約で行われる。WBC&WBA統一王者ダニー・ガルシア(米)が64.50キロに対し、IBF王者ラモント・ピーターソン(米)は最初、0.2ポンド(90グラム)オーバーだったが、下着を脱いで143ポンドを計測。こちらは支障なく行われる。Photos/BoxingScene.com

Related article
関連記事