2015年4月14日火曜日

チャベスJr公開練習、週末フォンファラとLH級戦

 昨年3月以来13ヵ月ぶりのリングとなる元WBC世界ミドル級王者フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)が先週末、ロサンゼルス近郊バン・ナイズのジムでメディア向けに練習を行った。チャベスJrは今週土曜日18日(日本時間19日)アンドゼイ・フォンファラ(ポーランド=WBC・L・ヘビー級4位)とロサンゼルス近郊カーソンのスタブハブ・センターでL・ヘビー級12回戦を行う。

 新しくコーチに迎えたジョー・グーセン・トレーナーが主宰するテングース・ボクシングジムで動いたチャベス。「今回の試合にすごく集中している。過去とメンタリティーが入れ替わった。試合は楽なものにはならない。彼はタフだ」と強調。そして「ライトヘビー級に上げ、快適に感じる。168ポンド(S・ミドル級)がベストだと思うけど、少しウェイトが増え、ボディーによりパワーを感じる」とコメント。またカリフォルニアとネバダ州の境にあるレイクタホで、グーセン氏と35日間キャンプを行ったことも好調の理由だという。

 ジムワークには父チャベス・シニアが帯同。「彼(ジュニア)は100%の状態でリングに上がらなければいけない。彼のキャリアが180度転換する試合だと思う」とハッパをかけた。Photo/SHOWTIME