February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ゴロフキンvsモンロー視聴件数130万超

ゴロフキンvsモンロー視聴件数130万超

2015年5月20日 12時52分

ゴロフキンvsモンロー視聴件数130万件(ボクシングニュース)
ゴロフキンとモンローの一戦
 先週土曜日16日、ロサンゼルスのザ・フォーラムで挙行された世界ミドル級タイトルマッチ、王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)vs挑戦者ウィリー・モンロー(米)の平均視聴件数が全米で133万8000件、ピーク時に147万4000件あったことが18日、ニールセン・メディア・リサーチから発表された。

 これは試合を放映したHBOの今年2015年第3位の数字。1位は今月9日のカネロ・アルバレスvsジェームズ・カークランドの平均214万6000件、ピーク時230万件。2位は4月25日のウラジミール・クリチコvsブライアント・ジェニングスのヘビー級戦で平均163万7000件、ピーク時174万2000件。

 ゴロフキンは今回が8度目のHBO登場。1回目のグレゴシュ・プロクサ戦(12年9月)の68万5000件(以下数字は平均値)から数字は毎回伸びており、これまでの最高はカーティス・スティーブンス戦(13年11月)の141万件、前々回のマルコ・アントニオ・ルビオ戦(14年10月)は130万4000件だった。

 同日、番組の先に放送されたローマン・ゴンサレス(ニカラグア)vsエドガル・ソーサ(メキシコ)も100万件を超え、HBOの重役を満足させた。同局は次回もゴロフキン&ロマゴンのダブルヘッダーを計画。ゴンサレスの相手には元L・フライ級王者ジョバニ・セグラ(メキシコ)の名前が上がっている。Photo/SUMIO YAMADA

Related article
関連記事