February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > コットの標的はカネロ、ゴロフキン…ローチ明かす

コットの標的はカネロ、ゴロフキン…ローチ明かす

2015年6月2日 15時51分

ローチ節絶好調メイウェザーを批判(ボクシングニュース)
ローチ
 今週末6日(日本時間7日)米ニューヨークのバークレイズ・センターで、元WBA・IBF世界ミドル級王者ダニエル・ゲール(豪州)と対戦するWBC世界同級王者ミゲール・コット(プエルトリコ)の参謀、フレディ・ローチ・トレーナーがゲール戦後のプランを米サイト、ボクシングシーン・ドットコムに明かした。

 それによると、ローチ氏は「コットは驚くほどトレーニングに集中している。まずはゲールとの一戦に全力を注ぐことだ」と前置きした上で、「もしゲールに勝ったら次はカネロ(サウル・アルバレス)との対戦を望んでいる。そしてその試合の勝者がトリプルG(ゲンナジー・ゴロフキン)と対戦することになるだろう」と語った。

 34歳のコットはゲールとの一戦が1年ぶりのリング。ローチ氏の描くプランを実現するために、まずは強敵ゲールに勝たなければ始まらない。

Related article
関連記事