July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 奈々子、アナベルの技巧に完敗         WBC女子ミニフライ級戦

奈々子、アナベルの技巧に完敗         WBC女子ミニフライ級戦

2010年9月13日 23時24分

 女子ボクシング初の日本×メキシコ世界戦対決が13日夜後楽園ホールであり、WBC世界ミニフライ級チャンピオンのアナベル・オルティス(メキシコ)に挑んだ元WBCストロー級チャンピオン、菊地奈々子(白井・具志堅スポーツ)は2分10ラウンズを戦い抜いたものの、大差0-3の判定負けを喫した。
 菊地は立ち上がりから果敢に手を出したが、カウンター・パンチャーのオルティスはこれに合わせて左フック、右ストレートを狙い打ちし、着々とポイントを蓄積していく。ダウン・シーンはないが、バッティングで一時試合中断の場面がたびたび。オルティスは菊地を倒すだけのパワーはなかったものの、技術的には明白に菊地を上回っていた。「倒せると感じたこともあったが、菊地選手のプレッシャーがきつく、途中で判定勝負だと思った」と試合後のチャンピオン。
 途中公開された3ジャッジの採点も、4ラウンド終了時点で39-37、7ラウンド終了時点で69-64。菊地は最後まで差を縮められず、試合を終了して98-92(2人)、99-91と大差でオルティスの勝利を支持していた。オルティス(24)は昨年10月に獲得したタイトルの初防衛に成功。レコードは12勝4KO1敗。菊地(35)は5勝4KO1敗。
 写真は終盤9ラウンド、菊地に左フックを迎え打ちするオルティス

Related article
関連記事