2015年8月1日土曜日

あすの世界タイトルマッチ&海外注目試合

 あす日本時間2日に世界各地でゴングとなるタイトルマッチ&注目試合の計量が31日各地で行われた。日本の橋本和樹(真正)はメキシコで元世界王者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)にチャレンジ。ゴンサレスは対日本人3勝1敗。09年にWBC世界S・バンタム級王者の西岡利晃には敗れているが、11年のWBCフェザー級戦で長谷川穂積(真正)を、13年の無冠戦で片桐秋彦(川崎新田)を下している。

米ニューヨーク(バークレイズセンター)
WBA世界ミドル級タイトルマッチ
正規王者 ダニエル・ジェイコブス(米)=159.8ポンド(72.48キロ)
挑戦者セルジオ・モーラ(米)=159.2ポンド(72.21キロ)

ウェルター級12回戦
ダニー・ガルシア(米)=146.6ポンド(66.49キロ)
ポール・マリナージ(米)=146.8ポンド(66.58キロ)

 WBAミドル級“レギュラー”王者ジェイコブスが元世界S・ウェルター級王者モーラを迎え撃つ。S・ライト級で無敗を貫いたガルシアはウェルター級進出第1戦。元2階級制覇王者マリナージと対戦。

メキシコ・モレリア
S・フェザー級12回戦
ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)=129.8ポンド(58.87キロ)
橋本和樹(真正)=129.3ポンド(58.64キロ)

 同じリングでは、メキシコ女子の期待のジェシカ・プラタ(15勝2KO無敗)が同胞の元WBC女子世界L・フライ級王者エスメラルダ・モレノと対戦。

英キングストン・アポン・ハル
WBCライト級挑戦者決定戦
ルーク・キャンベル(英)=134.4ポンド(60.96キロ)
トミー・コイル(英)=134ポンド(60.78キロ)

 2012年ロンドン五輪バンタム級金メダリストのキャンベル(11勝9KO無敗)が世界挑戦に大手。同胞のコイル(21勝10KO2敗)と王者ホルヘ・リナレス(帝拳)への挑戦権を争う。前座には最近不調の元WBO世界ライト級王者リッキー・バーンズ(英)、元IBF世界バンタム級王者スチュアート・ホール(英)も出場。Photos/BoxingScene.com