0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年8月15日土曜日

フック11回KO負けでV14失敗 WBOクルーザー級戦

フックがV15戦失敗(ボクシングニュース)

フック

 14日(日本時間15日)米国ニュージャージー州ニューアークのプルデンシャルセンターで行われたWBO世界クルーザー級戦は、1位挑戦者のクリストフ・グロワスキ(ポーランド)が王者マルコ“キャプテン”フック(独)に11回KO勝ちし、タイトルの奪冠に成功。フックは同級単独最多となるV14に失敗し、6年間の王位に別れを告げた。
 
 フックは6回に左フックでダウンを奪ったが、サウスポーのグロワスキはコンビネーション・ブローで堂々とチャンピオンとわたり合う。迎えた11回に挑戦者が2度倒し返し、フックはレフェリーに救われた。タイムはこの回2分39秒。
 
 試合が決するまでのスコアはジャッジ3者がフック優勢としていた。番狂わせを演じたグロワスキは25勝16KO無敗。敗れたフックは28勝26KO3敗1分。
 
 メインで行われた元世界王者対決、アントニオ・ターバー(米)とスティーブ・カニンガム(米)のヘビー級12回戦は三者三様のドロー。スコアは113-115、115-113、114-114。