March
01
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

8°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 内山、地元リングでKOV1 WBA世界S・フェザー級戦

内山、地元リングでKOV1 WBA世界S・フェザー級戦

2010年5月18日 0時21分

 内山、地元リングでKOV1--WBA世界S・フェザー級タイトルマッチは17日夜さいまたまスーパーアリーナで行われ、埼玉出身のチャンピオン、内山高志(ワタナベ)が挑戦者13位アンヘル・グラナドス(ベネズエラ)を6ラウンド右強打で倒し、この回1分42秒TKO勝ち。1月にサルガドを倒して獲得した王座の初防衛に成功した。
 185センチの長身のグラナドスを相手に勝利はともかく苦戦も予想された内山だったが、実際は「もっとやりにくいかと思ったのに、シミュレレレーション通りに戦えました」というほどの内山ペースの展開。下がる挑戦者に終始プレッシャーをかけ続け、ボディーから攻めてガードを落とさせる。3回には右強打を頭部に決めると、一瞬グラナドスの腰が落ちかけた。5回はグラナドスの左フックを食う場面もあったが、ピンチというほどでもない。続く6回、内山の右ロング・フックが決まると、グラナドスもろくも前のめりにダウン。本人は続行のつもりだったが、アバインンザ主審は立ち上がったところでストップをコールし内山のTKO勝ちを宣告した。
 初防衛戦は誰しも苦戦しがちだが、内山は「いつものように戦えました」と、あくまでマイペースで世界戦連続KOを果たしたのはみごと。
Related article
関連記事