February
29
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ワイルダー今週末V2戦、挑戦者を持ち上げる

ワイルダー今週末V2戦、挑戦者を持ち上げる

2015年9月25日 15時05分

 26日(日本時間27日)米アラバマ州バーミンガムで行われるWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンタイ・ワイルダー(米)vs挑戦者12位ヨハン・デュオパ(仏)の記者会見が24日、同地で開かれた。

王者ワイルダー(左)と米国デビュー戦のデュオパ

 無敗の王者ワイルダーは2度目の防衛戦を前回のエリク・モリナ(米)戦に続き地元アラバマで迎える。今回の一戦は挑戦者に無名のデュオパを指名したことが議論の的になった。記者会見でワイルダーは「デュオパが挑戦を受けてくれて感謝している。彼を終わっている選手と見る人がいたら、それはばかげている。彼は背が高いし(195センチ)、素晴らしいレコードの持ち主だ。だれも彼をノックアウトしたことがない。世界中の友人が彼を侮ってはいけないと言っている」とチャレンジャーを持ち上げた。

 34勝33KO無敗の戦績を誇る29歳の王者に対し、フランスの挑戦者は32勝20KO2敗の34歳。日本で竹原虎辰と対戦するなど世界を渡り歩いてキャリアを積んだ。ビッグネームとの対戦はなく、アメリカで試合をするのが初めてというから、格下と見られるのは仕方がないところ。記者会見では「ここアメリカでボクシングができてうれしい。街を歩いているとまるで映画の中にいるように感じる」などとコメントした。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事