February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井上尚弥がWBO総会デビュー、黒木優子12.20防衛戦

井上尚弥がWBO総会デビュー、黒木優子12.20防衛戦

2015年10月28日 17時20分

■WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が米フロリダ州オーランドで開かれているWBO総会デビュー。わずかプロ8戦で既に2本のベルトをコレクトしている井上は「ツータイム・チャンピオン」と紹介され、公約通り英語で自己紹介した。井上は現地メディアのインタビューも受け、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との夢対決について「実現を望んでいる」と答えた。写真は左から大橋秀行会長、井上、バルカルセルWBO会長、マッチメーカーで解説者のジョー小泉氏=写真提供・大橋ジム=

井上尚弥がWBO総会デビュー

■11月日に米フロリダ州マイアミでIBF・S・ライト級挑戦者決定戦に出場する同級6位の小原佳太(三迫)が30日、成田空港からシカゴ経由でマイアミに旅立つ。同級9位ウォルター・カスティーリョ(ニカラグア)に勝てば世界に一歩前進する大一番。試合の模様は全米に放映される予定。

■WBC女子世界ミニフライ級王者の黒木優子(YuKOフィットネス=写真右)が12月20日、福岡市の九電記念体育館で3度目の防衛戦を行う。対戦相手は元IBF女子世界ミニフライ級王者のナンシー・フランコ(メキシコ=写真左)。フランコは14勝4KO6敗2分の26歳。2013年に後楽園ホールで行われた江畑佳代子(ワタナベ)との王座決定戦に勝利してIBFタイトルを獲得。初防衛戦でビクトリア・アルゲタ(メキシコ)に敗れたが、今年2月の再戦でタイトルを奪い返した。黒木(14勝7KO4敗1分)は5月に秋田屋まさえ(ワイルドビート)を下して2度目の防衛に成功。地元福岡では1年ぶりの世界タイトルマッチとなる。

Related article
関連記事