February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

12°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウォータースが内山高志への挑戦に前向き!?

ウォータースが内山高志への挑戦に前向き!?

2015年11月19日 15時57分

 元WBA世界フェザー級スーパー王者のニコラス・ウォータース(ジャマイカ=写真左)が、来年アメリカに進出する方針を固めたWBA世界S・フェザー級スーパーチャンピオン内山高志(ワタナベ=写真右)について言及。米国サイト「ボクシングシーン」が伝えた。

 記事は大みそかにV11戦が決まった内山(23勝19KO無敗)が、アメリカで対戦したい相手の一人にウォータース(26勝21KO無敗)の名前を挙げたことに関し、ウォータースが答えたというもの。ウォータースは「何ら問題はない。私はだれとでも戦う」とした上で「彼は日本でキャリアを積んできたが、世界中に名前を売るためにアメリカに来るという。私がノニト・ドネアとビック・ダルチニアンを下してから、みんなこの“アックスマン”と試合をやりたがるんだ」と発言した。

 この記事によると、ウォータースは内山の試合を見たことがないということ。米国で評価の高いウォータースとはいえ、あたかも“内山の挑戦を受けてもいい”というような発言になっているのは、そのことが理由かもしれない。

 フェザー級世界王者だったウォータースは6月の防衛戦で計量に失格。試合には勝利したものの王座をはく奪され、S・フェザー級への進出を決意した。12月19日ニューヨークでジェイソン・ソーサ(米)とS・フェザー級10回戦を行うことが決まっている。内山は12月31日、大田区総合体育館で7位オリバー・フローレス(ニカラグア)と11度目の防衛戦に臨む。

Related article
関連記事