February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

12°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 江藤光喜&木村悠が予備検診、28日ダブル世界挑戦

江藤光喜&木村悠が予備検診、28日ダブル世界挑戦

2015年11月26日 14時48分

 ゼビオアリーナ仙台で28日行われる「TOUCH! WOWOW2015」の予備検診が26日、東京・九段下のホテルグランドパレスで開かれ、ダブル世界タイトルマッチに出場する4選手が顔をそろえた。

左からロサリオさん、クアドラス、江藤、具志堅会長

 メインで江藤光喜(白井・具志堅S)の挑戦を受けるWBC世界S・フライ級王者カルロス・クアドラス(メキシコ=帝拳)は「(日本で防衛戦ができて)ワタシウレシイ」「(寒さは)ダイジョウブデス」と日本語を連発して場をなごませるリラックスぶりだった。

 この日までに具志堅用高会長の大ファンだというクアドラスの父ロサリオさんが来日。早速、具志堅会長のもとに歩み寄り、クアドラスの姉に「グシケン」と名づけたことを報告。これを聞いた具志堅会長は「この前は信じていなかったけど、ほんとなんだね!」と興奮した様子だった。

 S・フライ級にクラスを上げて減量が楽になった江藤にもピリピリした様子はなく、クアドラスの印象を聞かれると「外国人の匂いがしましましたね」とこちらも記者を笑わせていた。

検診を受けるゲバラ(右)と木村
 木村悠(帝拳)の挑戦を受けるWBC世界L・フライ級王者のペドロ・ゲバラ(メキシコ)もいつものように笑顔を絶やさなかった。「キムラはとても落ち着いている印象だ。調整がうまくいったのだろう」と挑戦者を冷静に観察。一方の木村は7センチのリーチ差について「自分のボクシングスタイルで背の高い選手がやりづらいと感じたことはない」と力強く言い切った。

◇主な検診結果
    クアドラス 江藤
身長  163.0cm 173.5cm
首周り 36.5cm  37.0cm
胸囲  87.0cm  89.0cm
リーチ 168.0cm 176.5cm

    ゲバラ   木村
身長  163.0cm 162.0cm
首周り 35.5cm  35.0cm
胸囲  91.0cm  84.0cm
リーチ 170.0cm 163.0cm

Related article
関連記事