February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > デゲール初防衛戦、ブーテ奪回なるか?

デゲール初防衛戦、ブーテ奪回なるか?

2015年11月28日 13時00分

 IBF世界S・ミドル級タイトルマッチの計量が27日行われ、これがV1戦となる王者ジェームズ・デゲール(英)が167ポンド1/4(75.86キロ)、挑戦者9位ルシアン・ブーテ(カナダ)が167ポンド1/2(75.98キロ)を計測。リミット168ポンドをクリアした。試合は明日28日(日本時間29日)カナダ・ケベックシティのビデオトロン・センターで開始ゴングを聞く。

デゲール(左)とブーテは新旧王者対決

 北京オリンピック金メダリストからプロに転向したデゲール(29)は今年5月、アンドレ・ディレル(米)との決定戦に勝って同胞カール・フロッチが返上したIBF王座を獲得。ディレル戦のボストンに続き、今回も太平洋を渡り決戦に臨む。

 一方このベルトを07年から5年に渡り保持し9度の防衛を達成したブーテ(35)はフロッチに奪われた王座の奪回を目指す。ルーマニア出身ながらカナダ国籍を取得している元王者が地の利を発揮できるか注目される。

 セミ格では同じくカナダに居住するエレイデル・アルバレス(コロンビア)がイサック・チレンバ(マラウイ)とWBC・L・ヘビー級挑戦者決定戦。計量でアルバレスは174ポンド3/4(79.27キロ)、チレンバは173ポンド1/2(78.70キロ)だった。またドン・キング氏の持ち駒でS・ライト級王者候補のアミール・イマム(米)は139ポンド1/2(63.28キロ)。相手のアドリアン・グラナドス(米)も同体重を計測した。

Related article
関連記事