July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > SF級暫定王者ロハス初防衛 次はダルチニヤンと

SF級暫定王者ロハス初防衛 次はダルチニヤンと

2009年10月26日 0時01分

 24日(現地時間)メキシコのベラクルスで行われたWBC世界S・フライ級暫定タイトルマッチは地元の王者トマス“エル・グサノ”ロハス(メキシコ)が同級1位エバンス・ムバンバ(南アフリカ)から2度ダウンを奪い、大差の判定勝利を飾った。
 サウスポー同士。身長で上回るロハスが距離を支配してリード。3回、右カウンターで倒した王者がほぼ毎ラウンド主導権を握り、突進するムバンバに決定打を許さない。途中ストップの予感も漂ったが、11回、ロハスは右でダウンを追加したのみにとどまった。公式スコアは117-109が2者に119-108でロハス(32勝22KO11敗1分)の手が上がった。
 ロハスは12月、WBC正規王者ビック・ダルチニヤンと正規―暫定統一をかけて対決することが内定している。
 敗れたムバンバは初黒星。16勝8KO1敗。

Related article
関連記事