日本語

Home > ニュース > デンガオセーン50・7キロ、亀田50・8キロ-WBAフライ級戦
ニュース

2009年10月5日 月曜日

デンガオセーン50・7キロ、亀田50・8キロ-WBAフライ級戦

 明日大阪市中央体育館で行われるWBA世界フライ級タイトルマッチの計量が正午、大阪市内のホテルで行われ、チャンピオンのデンガオセーン・カオウィチット(タイ)が50・7キロ、挑戦者の亀田大毅(亀田)が50・8キロと、ともに一回でパス。減量苦が懸念された挑戦者だったが、検診の数値も通常と変わらず、ウェイトコントロールはうまくいった様子だ。
先だって行われた調印式は記者からの質問もほとんどなく、両者が抱負を述べ合うもの。調印式と計量後の写真撮影で両者が握手した時に、挑戦者がグッと強く握ったが、王者は「よくあること。マナーとして問題はあるけれど」と余裕で受け流した。使用グローブはメキシコ製。
検診の結果は次の通り。
     デンガオセーン  亀田
体温   36・5       35・9
脈拍   85         47
血圧   122/79     141/80

※オフィシャル
レフェリー ラファエル・ラモス(アメリカ)
ジャッジ  レビ・マルティネス(アメリカ)
シルベストレ・アバインザ(フィリピン)
セルジオ・カイズ(アメリカ)
立会人 アラン・キム(韓国)

Related

関連記事