2016年1月28日木曜日

OPBF最新ランキング、加納陸ら新鋭多数ランク入り

 OPBF最新1月度ランキングが発表された。昨年暮れに日本デビュー3戦目で世界ランカーを下した18歳の加納陸(大成=写真右)がL・フライ級12位に、プロ4戦目でOPBFランカーを下した田中一樹(グリーンツダ=写真左)がS・バンタム級11位に入るなど、新鋭をはじめ多くの日本勢が新たにランク入りした。

 新顔を再ランクも含めて列挙すると、フライ級は角本達治(ワタナベ)が11位、バンタム級は奥本貴之(グリーンツダ)が12位、川口裕(グリーンツダ)が13位、フェザー級は中嶋孝文(竹原&畑山)が12位、坂晃典(仲里)が14位、松岡輝(大成)が15位、S・フェザー級は上原拓哉(アポロ)が9位、ウェルター級は矢田良太(グリーンツダ)が10位、S・ウェルター級はコブラ諏訪(ピューマ渡久地)が8位。

 フライ級とS・バンタム級で12月に王座決定戦が行われ、フライ級はアーデン・ディアレ(比)が、S・バンタム級は久保隼(真正)が新チャンピオンになった。S・ライト級は小原佳太(三迫)の返上により王座が空位となった。