0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年3月5日土曜日

オルティスがトンプソンと対戦、マルガリートは復帰戦

■WBA世界世界ヘビー級暫定王者のルイス・オルティス(キューバ)が5日(日本時間6日)米ワシントンD.C.で、世界挑戦経験のあるベテラン、トニー・トンプソン(米)とノンタイトル戦。ルイスは242.6ポンド(110.04キロ)、トンプソンは服を着たまま計量して263.8ポンド(119.65キロ)。同じリングで行われるWBO世界ウェルター級王座決定戦は、ジェシー・バルガス(米)が146.2ポンド(66.31キロ)、サダム・アリ(米)が147ポンド(66.67キロ)だった。

■元ウェルター級世界王者のアントニオ・マルガリート(メキシコ)が5日(日本時間6日)メキシコシティのリングに上がる。前日計量でマルガリート、対戦相手のホルヘ・パエスJr(メキシコ)がともに154ポンド(69.85キロ)をマーク。マルガリートは2011年のミゲール・コット戦以来、4年3ヵ月ぶりの試合。Photo/BoxingScene.com

■3月12日にメキシコのメリダで予定されていたWBO世界S・フェザー級タイトルマッチが、王者ローマン“ロッキー”マルティネス(プエルトリコ)の左手の負傷により延期に。挑戦者ミゲール・ベルチェット(メキシコ)陣営は暫定戦の開催を模索するとのこと。