July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 計量後の食事は粟生「うどん」ロハス「パスタ」

計量後の食事は粟生「うどん」ロハス「パスタ」

2009年7月13日 22時29分

 明日後楽園ホールで行われるWBC世界フェザー級タイトルマッチの公式計量が13日午後にあり、チャンピオンの粟生隆寛、挑戦者エリオ・ロハスともにリミット内でパスした。
 粟生がフェザー級リミット一杯の57.1キロだったのに対し、ロハスは軽目の56.4キロ。挑戦者の1ポンド半アンダーという低すぎる体重は報道陣の関心を呼んだが、当の本人は「日本にきて6日間練習したら、自然にこうなった」とケロリ。「早く試合のときを迎えたい」と挑戦者が言えば、粟生は「調整は普段通り。見てくれる方に勇気と感動を与える試合をした」と、最後の決意表明。
 計量後のすべてのボクサーの一番の楽しみは食事だが、ロハスは「まずスープを飲み、それからパスタをとるよ」。一方粟生はその場で健康ドリンク剤でのどを潤した後、「うどんを食べに行きます」といって会場を後にした。

Related article
関連記事