June
20
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 粟生とロハス、ともに問題なし WBCフェザー級戦予備検診

粟生とロハス、ともに問題なし WBCフェザー級戦予備検診

2009年7月11日 17時30分

 WBCフェザー級戦の予備検診が11日、後楽園ホール展示会場で行われた。チャンピオン粟生隆寛(帝拳)と1位挑戦者エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)の体格がほぼ同じと判明。リーチ差にしてもロハスが3.5センチ長い程度だった。
 ともにリラックスした様子で、笑顔交じりの会見となった。「(ロハスは)意外に細い」と印象を語った粟生だが、自身は胸囲がアップするなど「見た目にも変わったと思う」(粟生)。田中繊大トレーナーが「(後楽園ホールで開催中の)大学リーグ戦を観にいこうとしていた」というほど、チャンピオンの調整は順調のようだ。
 一方のロハスは「我々はリングの外ではリスペクトしあえる」と話すように、こちらもにこやかな表情。粟生について「普通」とした。
 検診結果は以下の通り。両選手特に問題なしと診断された。
粟生          ロハス
168.5センチ 身長 169.5センチ
38.0センチ 頚周 38.5センチ
97.5センチ 胸囲 97.5センチ
22.0センチ 胸厚 22.0センチ
右1.5左1.5 視力 右1.5左1.5
174.5センチ リーチ 178.0センチ
115/77   血圧 123/81
65     脈拍 51
36.1   体温 36.6

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了