日本語

Home > ニュース > 前王者三浦、決勝進めず 「最強後楽園」
ニュース

2009年7月3日 金曜日

前王者三浦、決勝進めず 「最強後楽園」

 3日、後楽園ホールで日本タイトル挑戦権獲得トーナメント「最強後楽園」の準決勝2日目が行われた(各6回戦)。
 この日最も場内がわいたのはS・バンタム級。前日本王者の三浦数馬(ドリーム)が田内絹人(横浜光)を途中までリードしていたものの、4回5回と相手の強打を食い、もろくも2度のダウン。KO負けのピンチをしのいだ三浦は最終6ラウンドは逆に田内を右ストレートで追いこんだが、結果は引き分けだった。規定により、優勢点をゲットした田内が勝者扱いとなりトーナメント決勝へ。三浦が初戦で姿を消す波乱となった。
 またS・フライ級の佐藤洋太(協栄)対ジェロッピ瑞山(千里馬神戸)戦も三者三様のドローで、こちらは佐藤が勝者扱いで残った。
 S・フェザー級は岡田誠一(大橋)が松崎博保(協栄)を左ボディーのカウンター連発で効かせ、3-0の判定勝ち。
 最後のS・ウェルター級、チャールズ・ベラミー(八王子中屋)-細川貴之(六島)戦はこれが3度目の顔合わせだったが、ベラミーが最終回に細川をつかまえ、ストップ勝ちした。
 そのほかの試合結果は以下の通り(左が勝者)。
東日本新人王S・フェザー級予選4回戦 健太郎マイモンコンプロモーション(TI山形)KO2回 池ノ内亘(F・I)
東日本新人王S・フェザー級予選4回戦 横山大輔(ワールドS)KO1回 町田智幸(京浜)
東日本新人王S・フェザー級予選4回戦 江藤伸悟(白井・具志堅S)TKO4回 関根真世(東拳)

Related

関連記事