February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ゴロフキンが最終調整、ビッグベアで練習を公開

ゴロフキンが最終調整、ビッグベアで練習を公開

2016年4月15日 13時04分

 23日(日本時間24日)ロサンゼルスのザ・フォーラムでIBFの指名挑戦者ドミニク・ウェイド(米)と防衛戦を行うWBAスーパー&IBF世界ミドル級王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(カザフスタン)が12日、キャンプ地の米カリフォルニア州ビッグベアでメディア向けにトレーニングを行った。ゴロフキンは今回の試合、WBAタイトルの16度目の防衛戦となる。

23日ロサンゼルスで防衛戦を行うゴロフキン

 トレーナーのアベル・サンチェス(2015年の全米ボクシング記者協会トレーナー賞受賞)が主宰する「ザ・サミット・ハイ・アルティテュードジム」でゴロフキンはメディアに対応。「毎日ハードトレーニングを行い、ドミニク・ウェイドだけに集中している。彼は無敗の挑戦者で非常に重要な試合。すべてのベルトを獲得するために、どのファイトも私には重要。家族が住むロサンゼルスのフォーラムに再び登場できることにエキサイトしている。多くのファンが私のファイトを観戦したがっていることに感謝したい。ファンは私のスタイルが好きなのです」

 サンチェス氏によると、今回スパーリングのラウンド数は最終的に70から75ラウンズになる予定。これは最近5、6試合と同様のラウンド数だという。またチームはビリー・ジョー・サンダース(イギリス=WBO世界ミドル級王者)との統一戦を望んだが、サンダースが今回は見送ったと明かした。

 この日、ゴロフキンにはバスケットボールの元スーパースター、マイケル・ジョーダン・ブランドの特製シューズが贈呈された。「すべてのアスリートはジョーダン・ブランドに憧れている。夢であったファミリーの一員になれてとてもハッピー」とGGGは喜びを表した。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事