February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

12°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 亀海喜寛vsソト・カラス、あすロサンゼルスでゴング

亀海喜寛vsソト・カラス、あすロサンゼルスでゴング

2016年4月15日 13時38分

 あす15日(日本時間16日)、ロサンゼルスのベラスコ・シアターで挙行されるS・ウェルター級10回戦の前日計量が主催のGBPオフィスにて行われ、亀海喜寛(帝拳)とヘスス・ソト・カラス(メキシコ=米)ともに一発でクリアした。亀海は153.4ポンド(69.58キロ)ソト・カラスは153.6ポンド(69.67キロ)。

米国7戦目の亀海(右)とキャリア豊富なソト・カラス

 計量をパスした亀海は「コンディションはいい感じです。あとはしっかり休んで栄養補給をしたい」とコメント。計量後に会場の下見に行き、「非常にすばらしい会場で、チケットも売り切れたと聞いています。とても興奮しています」と、さらにやる気を高めている。

 対戦相手のソト・カラスについては、リングの戦いぶりから荒くれ者のイメージを抱いていたそうだが、実際に対面して意外に紳士的な印象がしたという。「昨日の公開練習でも向こうから握手をしてきたり。リング外で挑発をしあうのは好きじゃないので、気分がいいです」と亀海は語っている。

 亀海はこれでアメリカ7戦目。今回、名のあるベテランにいかに勝ってアピールできるか。注目のゴングはあす――。写真提供=帝拳ジム

Related article
関連記事