February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

12°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 藤岡奈穂子が真道ゴーとV1戦、池山直vs花形冴美も

藤岡奈穂子が真道ゴーとV1戦、池山直vs花形冴美も

2016年4月21日 20時24分

 日本初の女子世界3階級王者、WBO女子世界バンタム級チャンピオンの藤岡奈穂子(竹原&畑山)が6月13日、後楽園ホールで元WBC世界フライ級王者の真道ゴー(グリーンツダ)と初防衛戦を行うことが決まった。竹原&畑山とグリーンツダが21日発表した。セミではWBO女子世界アトム級王者の池原直(フュチュール)がOPBFミニマム級王者の花形冴美(花形)と4度目の防衛戦を行う。

女子W世界戦出場の左から藤岡、真道、池山、花形

 日本女子ボクシングの第一人者、40歳の藤岡は2011年にWBC女子ミニフライ級、13年にWBA女子S・フライ級王座を獲得し、昨年10月に女子国内史上初の3階級制覇に成功。これまでの戦績は13勝6KO1敗。現在は世界でも例のない5階級制覇を目標としているが、今回は保持している王座を防衛戦に落ち着いた。

 13年にWBC女子フライ級王座を獲得した真道(16勝11KO3敗)は3度目の防衛戦で王座から陥落。復帰後2連勝中で、グリーンツダに移籍して2本目のベルトを狙う。

 国内最年長46歳の池山(17勝4KO3敗1分)はこれまでに3度の防衛を成功させ、昨年12月にはスリランカに遠征して防衛を果たした。3月にOPBF王者に返り咲いたばかりの花形は昨年2月、IBF女子世界L・フライ級王者の柴田直子(ワールドS)に挑戦して以来、3度目の世界挑戦となる。

Related article
関連記事