February
25
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > アリ氏の公葬チケット、1時間で1万5000枚終了

アリ氏の公葬チケット、1時間で1万5000枚終了

2016年6月9日 10時36分

  3日に亡くなった“ザ・グレイテスト”モハメド・アリ氏の公葬が10日、同氏の生まれ故郷である米ケンタッキー州ルイビルのKFC・ヤム!センターで営まれる。一般の市民が参加できる公葬のチケットが8日配布され、わずか1時間ですべてなくなった。

アリ氏公葬のチケット、もちろん売り買いはNG

 チケットは無料で1人4枚まで。会場事務所の窓口で午前10時から配布される予定だったが、事務所はオープンを8時15分に前倒しし、9時20分までに1万5000枚用意されたチケットがなくなった。待ちきれない市民がアリの名前を連呼して、窓口が早く開いたとの報道もある。

 追悼式にはビル・クリントン元米大統領らが出席予定。チケットを手にした市民は喜びに包まれたが、一部には早速インターネット上でチケットを売りに出し、ひと儲けしようという輩も出現。これを50ドルで購入したファンが出たことが明らかになっている。

 アリ親族のスポークスマンを務めるボブ・ガンネル氏は「残念だし、驚いている。チケットを売ったり買ったりすることはやめてほしい。アリは無料で開かれることを望んでいた」と呼びかけている。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事