日本語

Home > ニュース > 痴漢捕まえたデビュー前ボクサーに金一封
ニュース

2016年6月18日 土曜日

痴漢捕まえたデビュー前ボクサーに金一封

  5月のプロテストに合格した波多野広登(19=SFマキ)がJRの車内で女子高校生に痴漢行為をした男を取り押さえていたことがわかり、西日本ボクシング協会の井岡弘樹会長は17日の真正ジム興行のリング上で波多野に金一封を手渡した。

井岡会長から金一封を受け取る波多野

 波多野は4月27日、帰宅途中の滋賀県・JR膳所駅に停車中の車内で女子高校生が40歳ぐらいの男に痴漢行為を受けているのを見つけて、男を取り押さえた。暴れた男にメガネを壊されたが、駅員に突き出した。男は常習犯だったという。5月初めに大津警察署で表彰を受けた波多野は5月15日のプロテストに見事合格。協会でも「勇気ある行動」とたたえることにした。

 波多野はライト級で秋にはデビュー予定。「プロボクサーとして頑張ります」と井岡会長らに話していた。

Related

関連記事