March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > ヌジカム&アムナット、リオ五輪出場に王手

ヌジカム&アムナット、リオ五輪出場に王手

2016年7月6日 10時38分

 ベネズエラのバルガスで開かれ、プロ選手の出場で注目を集めているリオ五輪の最終予選(WSB&APB予選)は前半戦が終了。大会第3日となった5日(日本時間6日)は、プロの元WBA・WBOミドル級暫定王者で、L・ヘビー級にカメルーン代表として出場しているハッサン・ヌダム・ヌジカム(写真左)がエスキベル・ジョナサン(米)を下し、準決勝進出を決めた。

 ライト級でエントリーした日本でもお馴染みの前IBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロエン(タイ=写真右)は大会第2日の初戦を突破し、こちらもベスト4進出を果たしている。準決勝は現地時間7日に行われ、アムナットの相手はプロのカミーネ・トマソーネ(イタリア)。トマソーネはWBAフェザー級11位の選手で、プロの世界ランカー同士が五輪予選で対戦することになった。

 ヌジカムはソロネンコ・デニーズ(ウクライナ)と対戦する。ヌジカムとアムナットが出場しているL・ヘビー級とライト級は、3位以内に入ると五輪出場権を得られる。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了