July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 山口とトーレス、ともに必勝宣言 WBC女子S・フライ級戦会見

山口とトーレス、ともに必勝宣言 WBC女子S・フライ級戦会見

2011年1月21日 11時08分

 22日(日本時間23日)にメキシコで挙行されるWBC女子世界S・フライ級タイトルマッチの記者会見が20日、開催地ネザ市で行われた。
 挑戦者の山口直子(白井・具志堅スポーツ)は「勝つために日本から来た。KOします」と静かに決意を語った。一方迎え撃つチャンピオンのアナ・マリア・トーレス(メキシコ)は、地元での初めての防衛戦とあって「ネザのため、メキシコのため、必ず勝つ」と珍しく興奮した様子でまくし立てた。
 会見は一般市民にも開放した形で行われたが、トーレスが一言話すたびに、大歓声や拍手が沸き起こり、現地での人気の高さをうかがわせた。インタビュー時に早くもブーイングの洗礼を受けた山口も、会見後は人々から写真撮影やサインを次々とせがまれ、メキシコ人がボクサーに対して抱く強い尊敬の念を、肌で感じ取った様子だった。
Related article
関連記事