July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元S・フェザー級王者ヘリングが1年半ぶり復帰戦飾る 元女子王者の吉田実代は黒星

元S・フェザー級王者ヘリングが1年半ぶり復帰戦飾る 元女子王者の吉田実代は黒星

2023年11月8日 15時13分

 7日(日本時間8日)米ニューヨークのエジソンボールルームで開催されたディベラエンタテインメントのイベントで、元WBO・S・フェザー級王者ジャメル・ヘリング(米=写真)が新鋭ニコラス・モリナ(米)に1回2分59秒TKO勝ち。およそ1年半ぶりの復帰戦に勝利した。

 この日のイベントは退役軍人のチャリティーも兼ねており、元海兵隊員のヘリングにはうってつけの舞台。この試合に向けて90年代に薬師寺保栄から王座を奪った元WBCバンタム級王者ウェイン・マッカラー氏を招へいしてトレーニングした成果が出たのか、無敗のモリナから左強打で2度のダウンを奪って勝利した。ヘリングは24勝12KO4敗。モリナは13勝5KO1敗。

 ヘリングは19年5月に伊藤雅雪を下して世界王者となり、V3戦でカール・フランプトン(英)に勝利して名を上げたものの、V4戦でシャクール・スティーブンソン(米)に敗れて王座陥落。昨年5月の再起戦でジェーメイン・オルティス(米)に敗れ、引退を宣言してからのカムバックとなった。

 また、同じリングでは元WBO女子S・フライ級王者の吉田実代がシュレッタ・メトカーフ(米)に3-0判定負け。スコアは98-92、96-94、99-91。ニューヨークに拠点を移して2戦目だった吉田は16勝4敗。メトカーフは13勝2KO4敗1分。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事