September
21
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 高野人母美が覚悟の髪切り、岩佐亮佑の試合会場決定

高野人母美が覚悟の髪切り、岩佐亮佑の試合会場決定

2016年10月19日 15時48分

■OPBF女子S・バンタム級王者の“モデルボクサー”高野人母美(協栄)が19日の計量で覚悟の断髪を披露。ワンダーガール・シットサイトーン(タイ)との55.6キロ契約6回戦にあたり、金平桂一郎会長から「負けたら引退」と条件を突き付けられたことを受けてのもの。高野は計量直前に自らハサミを入れて20センチほど髪を切った。昨年11月の世界初挑戦にTKO負けし、今回が再起戦となる高野は「今回は最初からいこうと思っている。髪の毛を切って新しい気持ちでボクシングをする」と決意表明した。

報道陣の前で髪を20センチ切った高野

■協栄ジムの金平桂一郎会長によると、15日にメキシコで1年ぶりの試合の快勝した元世WBO界バンタム級チャンピオンの亀田和毅が19日帰国。その足で日本ボクシングコミッションにライセンスの再交付を申請するために必要な健康診断を受けたとのこと。書類をそろえて近々申請する。

■IBF世界S・バンタム級3位の岩佐亮佑(セレス=22勝14KO2敗)が出場するIBF同級挑戦者決定戦の試合会場がコネチカット州マシャンタケットのフォックスウッズ・リゾート・カジノに決定。試合は11月19日にゴングで、相手はプエルトリコ出身の同級7位ルイス・ロサ(米=22勝10KO無敗)。現王者ジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)は大みそかに日本で小國以載(角海老宝石)と初防衛戦を行う予定。

Related article
関連記事