日本語

Home > ニュース > 元ランカー臼井知史さん、大久保にスパゲッティ店
ニュース

2016年10月20日 木曜日

元ランカー臼井知史さん、大久保にスパゲッティ店

 元ボクサーがユニークな店を始めた。その名も「立ちスパ アッパーカット」――。スパゲッティの立ち食い専門店だ。ヨネクラジムなどで活躍した元日本フライ級ランカーの臼井知史さん(45歳)が9月下旬から東京・大久保でスタートさせている。

夫人とアッパーカットを切り盛りする臼井さん(左)

「アッパーカット」はスパゲッティをすばやく提供するためミートソース・オンリー。夫人と1年かけて研究したスパゲッティに加え、茹でキャベツやチーズ等のトッピングも充実させている。価格も普通(500グラム)380円、大盛(700グラム)500円、特盛(1キロ)700円と安価に設定されているから、店は午前11時のオープンから売り切れ次第クローズに。大体夕方にはソールドアウトしてしまうそうだ。

 臼井さんは2008年に引退するまで14年のプロ生活で34戦のキャリアを残した。ボクサーを対象にアルバイトの募集もしている(時給1300円)。「ゆくゆくフランチャイズ展開していきたいですね」と店主の臼井さんは張り切っている。「アッパーカット」の住所は、東京都新宿区大久保3-10-1ニュータウンオークボ32号室。日・祝日定休。

Related

関連記事