2016年11月12日土曜日

ダニー・ガルシアあす登場、サーマン戦の“前哨戦”

ガルシアがWBCタイトル返上(ボクシングニュース)  米フィラデルフィアでゴングとなるプレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)の計量が現地時間12日行われ、WBC世界ウェルター級王者ダニー・ガルシア(米=写真)が146.6ポンド(66.49キロ)、サムエル・バルガス(コロンビア)が145.7ポンド(66.08キロ)をマークした。

 1月にロバート・ゲレロ(米)との王座決定戦を制して2階級制覇を達成したガルシア(32勝18KO無敗)は3月4日、WBA同級スーパー王者キース・サーマン(米=27勝22KO無敗)と統一戦を行うことが決定。PBCとショータイムがアナウンスしている。

 ということで今回のバルガス(25勝13KO2敗1分)戦は無冠戦で、サーマンとの対決に向けて前景気をあおるという意味合い。統一戦の先にはマニー・パッキャオ(フィリピン)との対戦もちらつくだけに、ガルシアとしては存在感をしっかりアピールしたいところだ。

 同じリングでは6月にジェイソン・ソーサ(米)に中国で敗れてタイトルを失った前WBA世界S・フェザー級レギュラー王者のハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)が17勝12KO無敗のオマール・ダグラス(米)と再起第2戦を行う。