July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 西田がダウンを挽回 飛天を下す

西田がダウンを挽回 飛天を下す

2013年7月12日 22時31分

 12日後楽園ホールで行われた71㎏契約8回戦は、日本ミドル級8位の西田光(25=川崎新田)が元東洋太平洋2階級制覇王者で日本S・ウェルター級6位の飛天かずひこ(34=野口)を3-0(77-76、76-75×2)の判定で下した。

西田(右)は最後まで粘って飛天から白星

 飛天が初回に左のショートでダウンを奪うスタートだったが、試合は簡単に終わらなかった。ピンチをしのいだ西田は2回から接近戦を展開。クリンチでのもみ合いと、ボディ攻めでペースをつかんだ西田は、後半から右ストレートもよくヒット。スタミナの切れた飛天は最終回に好機を作ったが及ばなかった。西田は8勝2KO6敗1分。飛天は31勝22KO7敗。

柴田(右)はテンポの速いボクシングでV3

 セミで行われた女子東洋太平洋L・フライ級タイトルマッチは王者の柴田直子(ワールドスポーツ)が同級1位の小田美佳(宮田)を3-0(77-75、78-74×2)の判定で下し3度目の防衛に成功した。

 柴田はスタートからフットワークをうまく使い、アッパーやボディブローをコンビネーションに入れて序盤をリード。技術の高さを見せつけたが、小田は4回に右を決めてチャンスを作ると反撃。小田はその後も前に出て攻勢をアピールしたものの、柴田は無理して打ち合わず、きっちりボクシングをして勝利した。

◇S・ライト級8回戦
高桑和剛(輪島功一S)[3-0(79-73×2、80-72)]橋元納(金子)

Related article
関連記事