July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 高山にライセンス再発行 国内で防衛戦が可能に

高山にライセンス再発行 国内で防衛戦が可能に

2013年7月12日 17時44分

 日本ボクシングコミッション(JBC)は12日、資格審査委員会を開き、IBF世界ミニマム級チャンピオン高山勝成のライセンス再発行を全会一致で決定した。高山は仲里ジムの所属となり、国内で防衛戦を行うことが可能になった。

高山勝成

 高山は2005年に同級WBCタイトル、翌年にWBA暫定タイトルを獲得。その後も国内で試合をしていたが、09年にJBCに引退届を提出して活動の拠点を海外に移した。今年の3月、IBFタイトル3度目の挑戦で3本目のベルトを巻いた。

 JBCが4月1日にIBFとWBOに加盟したことから、高山はJBCにライセンスの再発行を申請。ライセンスがないとJBC管轄外選手となり、国内で試合ができない立場だったが、これで支障がなくなった。

Related article
関連記事