2017年5月25日木曜日

久我勇作が田村亮一とV1戦、7.29日本S・バンタム級

 日本S・バンタム級チャンピオンの久我勇作(ワタナベ=写真左)が7月29日、後楽園ホールの「DANGAN189」で同級5位の田村亮一(JBスポーツ=写真右)を迎えて初防衛戦を行うことになった。

 久我は2月、1年前の王座決定戦で敗れていた石本康隆(帝拳)を2回TKOで下してタイトルを奪取。対戦成績が1勝1敗となったことから、両陣営はラバーマッチを行うことで合意していたが、JBCがダイレクトリマッチを認めず、これは実現しなかった。

 久我(14勝10KO2敗1分)は石本を下して世界ランク入りもはたし、現在はWBA12位、WBC13位、WBO15位につける。石本戦はチャンピオンカーニバルの技能賞に選ばれた。

 対する田村(8勝5KO2敗1分)は5月10日付けで古口ジムからJBスポーツジムに移籍。移籍初戦でいきなりタイトルマッチのチャンスをつかんだ。最近は好戦的なスタイルで4連続KO勝ちと波に乗っている。