2017年6月9日金曜日

比嘉大吾が沖縄凱旋で大フィーバー、浦添市民栄誉賞

 WBC世界フライ級新チャンピオンの比嘉大吾(白井・具志堅S)が9日、具志堅用会長、野木丈司トレーナーらと沖縄に凱旋。熱狂的な歓迎を受け、出身の浦添市からは市民栄誉賞を授与された。

 比嘉は5月20日、有明コロシアムでフアン・エルナンデス(メキシコ)を下し、デビューから13連続KO勝利で世界タイトルを獲得。この日、師匠である沖縄のスター、具志堅会長と沖縄入りした比嘉は、まず那覇空港で歓迎セレモニーに出席し、浦添市民の待つ浦添市役所へと向かった。

 地元のヒーロー比嘉を待ち受けていたのはこれだけでなく、ほかに浦添警察一日署長を務めたほか、テレビ出演、祝賀パーティーと多忙な1日を送った。11日は母校の宮古工業高がある宮古島で凱旋パレードを行う。