June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 19日のメキシコ地震 WBCオフィスが被害

19日のメキシコ地震 WBCオフィスが被害

2017年9月20日 18時40分

 現地時間19日午後、メキシコ中央部を襲った地震で200人以上の死者が出たと伝えられるなど大きな被害が出ているが、メキシコシティのWBCがオフィスを置くビルがダメージを被った。マウリシオ・スライマン会長がテレビのニュースで電話インタビューで伝えた。

 WBCの本部は2004年からスライマン氏の自宅近くのリンダビスタ地区にあるが、繁華街のソナロサ地区の旧本部があったビルが被害に遭った。今でも記者会見などで使用しているオフィスで、同氏は復旧は困難だと語っている。幸いWBCの職員や家族には被害がなかった。

 3日前にメキシコのスター、カネロ・アルバレスと対戦し、WBCミドル級王座を防衛した王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が「友人のみんなとメキシコの人々の回復を祈ります」とツイートしている。

Related article
関連記事