May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > バルデスvsセルバニア記者会見、ラミレスとW世界戦

バルデスvsセルバニア記者会見、ラミレスとW世界戦

2017年9月21日 10時29分

 米アリゾナ州ツーソンで22日(日本時間23日)開催されるダブル世界タイトルマッチの記者会見が20日現地で行われ、WBO世界フェザー級タイトルマッチに出場する王者オスカル・バルデス(メキシコ)と挑戦者4位ゼネシス・カシミ・セルバニア(カシミ)が出席した。

王者バルデス(左)とセルバニア、無敗対決だ

 メキシコのスター候補、バルデス(22勝19KO無敗)は16年7月、マティアス・ルエダ(亜)との王座決定戦を制してタイトルを獲得。初防衛戦で大沢宏晋(ロマンサジャパン)を下して初防衛に成功しており、今回が3度目の防衛戦となる。

 フィリピン出身でカシミジムに所属するセルバニア(29勝12KO無敗)は世界初挑戦。WBO世界S・フライ級王者、井上尚弥(大橋)とスパーリングを重ねるなど練習の成果をリングで発揮したいところだ。

 もう一つの世界戦はWBO世界S・ミドル級タイトルマッチ。35戦無敗の王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)が22戦18KO無敗の挑戦者ジェシー・ハート(米)を迎えて2度目の防衛戦を行う。

 アンダーカードにはロンドン五輪銅メダリストのマイケル・コンラン(アイルランド)も出場。主催はトップランク社で、試合の模様はESPNで全米に中継される。Photo:Mikey Williams/Top Rank

Related article
関連記事