0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年8月7日水曜日

李と沖島輝が2連覇達成 インターハイ決勝・佐賀

 高校ボクシングの頂点を決める戦いがフィナーレを迎えた。佐賀インターハイは7日、佐賀市立諸富文化体育館で8階級の決勝戦が行われ、ライト級李健太、L・ウェルター級沖島輝の4選手が昨年に続き同大会2連覇を遂げた。今大会は特に軽量級で強豪が複数しのぎを削る激戦となり、最後までどちらが勝ってもおかしくない接戦が続いた。一方ライト級は李健太が圧倒的な強さを発揮して不敗の連勝記録を55に伸ばしている。

55連勝をマークして優勝の李(右)

 なお団体成績は、東福岡高校が18点を挙げ昨年に続いて優勝。以下2位大阪朝鮮(17点)、3位作新学院(15点)、4位相生学院(13点)、5位奈良朱雀(12点)、6位日章学園(12点)の順となっている。

各級決勝の結果は下記の通り(左が勝者)。
P級  中嶋憂輝(奈良・王寺工) 判定 桑原拓(大阪・興国)
LF級 岩田翔吉(東京・日出) 判定 井上拓真(神奈川・綾瀬西)
F級  中野幹士(東京・竹台) 判定 丸田陽七太(大阪・関大北陽)
B級   山内祐季(兵庫・相生学院) 判定 野口拳矢(千葉・沼南)
L級  李健太(大阪・大阪朝鮮) 判定 米澤直人(奈良・奈良朱雀)
LW級 沖島輝(福岡・東福岡) 判定 上田健也(千葉・流山)
W級  松野晋久(熊本・開新) 判定 原田直樹(広島・崇徳)
M級  高倉久生(栃木・作新学院) 判定 梅村錬(岩手・江南義塾盛岡)