March
02
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ジョシュアvsパーカー、ヘビー級統一戦の行方は?

ジョシュアvsパーカー、ヘビー級統一戦の行方は?

2017年11月24日 10時54分

 WBAスーパー&IBFヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英=写真左)とWBO王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド=写真右)の対戦交渉が英国メディアの注目を集めている。4団体統一を目指すジョシュアと、ヘビー級王者としてのポジションを上げたいパーカー。はたして交渉は成立するのだろうか。

 交渉は最終段階に入り、試合報酬の配分を巡って攻防が続いている模様。パーカー擁するデュコ・イベンツ社のプロモーター、ダビッド・ヒギンス氏は22日、ニュージーランドで記者会見を開き、試合報酬の比率について35%以上を主張。「統一戦で(一方の王者が)30%はあり得ない。10年に1度のイベントだ」とジョシュア側をけん制した。

 ロンドン五輪金メダリストの肩書きを引っさげてプロデビューし、ここまで20勝20KO無敗というパーフェクト・レコードを誇るジョシュア。ウラジミール・クリチコ戦でウェンブリー・スタジアムに9万人を集めたように英国で抜群の人気を誇る。

 一方のパーカーは24勝18KO無敗と戦績こそ同等ながら、世界の評価というとことになると、ジョシュアにかなり水をあけられていると言えるだろう。

 ジョシュアのプロモーター、エディ・ハーン氏は、パーカーの立場を尊重しつつも「実質的にこの試合のすべての利益をもたらすのはジョシュアだ」と英デイリー・ミラー紙に寄せたコラムでコメント。パーカー側が35%という数字を明らかにしたことに不信感を示しながら、WBO王者側の要求が高すぎる点を指摘した。

 試合は来年3月、ロンドンのO2アリーナで開催という話で進められているという。最終的な交渉の行方に注目が集まる。

Related article
関連記事