July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 村田、公開スパーリングでパワーを誇示

村田、公開スパーリングでパワーを誇示

2013年8月14日 17時30分

 ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(三迫)が14日、帝拳ジムでスパーリングを公開。25日、有明コロシアムで行われる東洋太平洋ミドル級王者、柴田明雄(ワタナベ)とのプロデビュー戦に自信を見せた。

パワフルなスパーを披露した村田(右)

 村田がガチンコのスパーリングを披露した。この日は元キック世界王者でボクシング転向後3連勝のウェス・カッパー(豪)を相手に4ラウンド。やや上体を起こしたスタイルから、ワンツーと左ボディブローと次々と上下に打ち分けた。イスマエル・サラス・トレーナーが「ムラタのストロングポイントは潜在的なパワー」と言うように、前に出る圧力とパワフルなパンチはさすがと思わせるものがあった。

 スパーリングを終えた村田は「前に出てプレッシャーをかけるのが今日の狙い。その通りしっかりできたと思う」と自らのに出来に納得の表情。自慢のパワーに加え、打ち終わりにウィービングで相手のパンチを外したり、サイドに動いてパンチを打ち込んだりする技術も披露し、ラスベガスでマイク・ジョーンズらと1ヵ月で90ラウンドのスパーリングを重ねた成果を感じさせた。

 不安材料だったスタミナ面も6ラウンド、8ラウンドのスパーリングで「自信がついた」とのこと。ミドル級金メダリストの実力は間もなく明らかになる。

Related article
関連記事