February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > リング誌2017年アワード発表、MVPはロマチェンコ

リング誌2017年アワード発表、MVPはロマチェンコ

2017年12月31日 7時19分

 アメリカのボクシングメディアの老舗リング誌が2017年の表彰選手、関係者、試合を発表した。29日(日本時間30日)ホームページのringTV.comで伝えた。「ファイター・オブ・ザ・イヤー」(年間最優秀選手)にはWBO世界S・フェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を選出した。

究極の技術を追求するロマチェンコ

 ロマチェンコ(10勝8KO1敗)は今年3度リングに上がり、いずれも挑戦者がラウンド間のインターバルで棄権するTKO勝ちで防衛。最後の連続五輪金メダリスト対決となったギエルモ・リゴンドウ戦でもスキルで圧倒し揺るぎない強さを発揮した。

 ネット上ではフロイド・メイウェザーの全盛期との比較も話題となっている。ちなみにノミネートされた選手はアンソニー・ジョシュア、テレンス・クロフォード、マイキー・ガルシア、シーサケット・ソールンビサイ。

 一方「ファイト・オブ・ザ・イヤー」(年間最高試合)はロンドンのウェンブリースタジアムに9万人の観衆を集めて行われたアンソニー・ジョシュア(英)vsウラジミール・クリチコ(ウクライナ)の世界ヘビー級戦。

ジョシュアはこの試合で一気にステージを上げた

 ダウン応酬の激闘でジョシュアが11回TKO勝ちした一戦は「スキルとガッツのぶつかり合いでヘビー級の興奮を再燃させた。1975年の「スリラ・イン・マニラ」同様、後世まで語り告げられる試合」と称賛を贈る。他の部門の受賞者、試合は以下の通り。

◇KO賞 デビッド・レミュー(カナダ)=カーティス・スティーブンス(米)を3回KO

◇イベント賞 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)vsカネロ・アルバレス(メキシコ)=9月16日ラスベガスT-モバイル・アリーナ

◇最高ラウンド賞 ドミニク・ブラジール(米)がイズアグベ・ウゴノー(ガーナ)に5回KO勝ちしたヘビー級戦の第3ラウンド

◇カムバック賞 サダム・アリ(米)=ミゲール・コットを下してWBO世界S・ウェルター級王座獲得

コット撃破で一気に株を上げたアリ(右)

◇アップセット賞 サダム・アリvsミゲール・コット(プエルトリコ)

◇プロスペクト(新鋭)賞 メキシコ・ティファナのS・ウェルター級ハイメ・ムンギア(21歳)

◇トレーナー賞 米ダラスのデリック・ジェームズ=IBFウェルター級王者エロール・スペンスJr(米)とWBC世界S・ウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米)を指導。

◇感動賞 シーサケット・ソールンビサイ(タイ)=ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に連勝 Photos/SUMIO YAMADA

Related article
関連記事